2023.11.24

我善坊谷-麻布台ヒルズ2002 ③

 麻布台ヒルズの20前街並みを紹介するこの企画の第3回。今回は我善坊谷の中心の道の東側、西久保八幡神社、桜田通り沿いを紹介します。【吉】

Photo_20231123174501
■撮影地点(29〜44)

290031
300032
29,30.中央の道沿いにあった「麻布台1丁目第2駐車場」。北側に大きな擁壁が面している。擁壁の上の建物は「神谷町マンション」、その背後は「城山トラストタワー」。

310037
31.中央の道から北にのびる行きおまりの路地。元店舗だったような空家の壁面にデザイン上の工夫がしてある。

320038
32.中央の道から北にのびる行きおまりの路地。空き家になった民家の戸袋に漆喰で五輪塔の模様がつくられている。右下に見えるように空家には森ビルによって「立入厳禁。巡回警備実施中。」の貼り紙がしてあった。

330041
33.中央の道沿いのマンション。隣の「虎ノ門5丁目第2駐車場」側から解体中。

340042
34.中央の道沿いに桜田通り方面を見る。右側の建物は自動車修理工場だったのだろうか、「スバル」の文字が。両側とも空家が続く。

350043
35.中央の道から駐車場越しに背後の民家を見る。遠方に霊友会釈迦殿。

360045
370046
36,37.中央の道から西久保八幡神社に続く路地沿いのアパート。敷地内の通路内にぽつんと天明4(1784)年と文化10(1813)年の年号が刻まれた墓石が残されていた。そこそこじゃまな位置にあるのに移動しなかったのはどのような事情があったのか。

380048
38.中央の道から西久保八幡神社に至る北参道。フェンスと「立入厳禁。巡回警備実施中。」の貼り紙。

390050
39.北参道建設の碑。「昭和2年8月建之」とある。

400052
40.西久保八幡神社の北参道を隣の空地になった敷地から見る。

410053
41.西久保八幡神社の北参道入口。何の表示もなく気づきにくい。

420054
42.中央の道沿いに飯倉方面を振り返る。正面の建物には「■田モータース」の表示が。右側は「株式会社第一製版」。背後の高層ビルは六本木ファーストビル(右)と六本木ビュータワー(左)。

430055
43.桜田通り八幡町歩道橋から我善坊谷の入口一帯を見る。
 一番左のビルは「山崎産業株式会社」、緑のテントは「ひかり美容院」、その右の縞模様のテントは青果店「佐々木商店」、黄色い看板は中華料理「萬壽園」、道をはさんで「翁寿司」「ヒカリ薬局」「虎ノ門三河屋酒店」。
 背後の建物は左から霊友会釈迦殿、六本木ヒルズ、六本木ビュータワー、六本木ファーストビル。

440056
44.桜田通り八幡町歩道橋から我善坊谷の入口一帯を見る。左よりアミタビル(東京三菱銀行)、日比野モータース。ここまでが麻布台ヒルズの範囲。


2023.11.13

我善坊谷-麻布台ヒルズ2002 ②

 麻布台ヒルズの20前街並みを紹介するこの企画の第2回。今回は我善坊谷の北側の尾根道から我善坊坂を下り、谷の反対側の三年坂に至るまでを紹介します。

1928
■撮影地点(19〜28)

190087
19.北側のアークヒルズ仙石山森タワーとの境界の道。南(右)側の建物の敷地とは高低差がある。遠方に霊友会釈迦殿と東京タワー。右端は鹿瀬ビル、中央はサウサリート麻布台。

200084
200085
200086
20.道沿いの建物の切れ目から南側に広がる眺望。右の建物はサウサリート麻布台、中央の蔵がある建物が公益財団法人書壇院。左は吉田苞竹記念会館。向かいの台地上の大きな建物は郵政事業庁飯倉分館(当時)。今回の開発に伴い「麻布ヒルズ森JPタワー」となった。

210083
21.写真12の勾配屋根の建物の入口側(空家)。高低差があるためこちらからは平屋にみえる。背後に霊友会釈迦殿と東京タワー。

220098
22.Y字路。左の仙石山森タワー側は尾根道が続き、右側は我善坊坂となって下る。間の三角地には菱沼邸。

230089
23.我善坊谷を下る。左は菱沼邸、右は崖。

240090
24.我善坊谷をさらに下る。左の擁壁がある家は空家。正面の赤い家は小林邸。

250091
25.我善坊谷を振り返る。擁壁の家は空家、右の家は鈴木邸。背後に六本木ファーストプラザ。

260092
26.我善坊谷を振り返る。擁壁に入口がある家(空家)。

270093
27.我善坊坂下。左の建物は近電設備株式会社。背後に六本木ファーストプラザ。

280030
28.霊友会釈迦殿脇の三年坂より我善坊谷を見下ろす。【吉】

2023.11.06

我善坊谷-麻布台ヒルズ2002 ①

 2023年11月麻布台ヒルズが完成します。
 麻布台ヒルズが完成したこの地は、麻布通りから桜田通りへ東西に延びた狭い谷に位置し、谷を走る一本の道路沿いに街が形成され、一つの空間的に完結した街を形成していました。
 この地は住居表示上虎ノ門、麻布台、六本木にわたっていますが、一つの谷をまとまりとしたこの地を呼ぶにはむしろ旧町名に由来する「我善坊谷」という名称の方がふさわしい気がします。
 すでに土地家屋の買収が進んでいた2002年、この地と隣接する仙石山を記録しようと写真を撮りました。30年以上にわたり進められてきた麻布台ヒルズが完成するこの機に、約100枚の写真を数回に分けて紹介し、 当時の街並みを振り返ってみたいと思います。2023.11.6 【吉】

Photo_20231029220901
■我善坊谷の地形(東京地形地図による)

118
■撮影地点(1〜18)(ゼンリン住宅地図東京都港区 2002をもとに作成)

001_20231029221101
1.麻布通り・行合坂側からの谷の入口。ゆるやかな下り坂になっており落合坂と呼ばれる。右側はエグゼクティブタワーアザブダイ、左側はレバノン大使邸。正面は霊友会釈迦殿

002
2.区立横川省三記念公園。日露戦争間死亡した新聞記者横川省三の旧居跡。1964年首都高建設に伴い移設され、今回の開発で2度目の移設となった(「横川省三記念公園の基本設計について」港区建設常任委員会資料)。

003_20231103102001
3.麻布通り方面を振り返る。麻布通りと我善坊谷はかなりの高低差があり、行合坂により結ばれていたが、今回の開発により高低差は解消され、坂は姿を消した。

004_20231103102501
4.中央の通りから北側の路地を覗く。左側仲村邸、右側の建物はすでに空き家。

005_20231103102801
5.中央の通りから北側の路地を覗く。右側高橋邸、左側は空き家。

006
6.中央の通りから南側の路地を覗く。右側山上マンション、左側木村邸。

007
7.吉田苞竹記念会館。書家吉田苞竹関係の資料を展示。

008_20231103111201
8.公益財団法人書壇院。吉田苞竹の書道研究会を母体に設立。

009_20231103111501
9.サンマンション入口。サンマンションは左側の建物。後方の勾配屋根の建物は反対側に入口がありすでに空家。さらに後方の高層マンションは六本木ファーストプラザ。

010_20231103112001
10. サンマンションの表札には旧町名の我善坊町が残っていた。

011_20231103112101
11. サンマンションの反対側の路地。右は萩原邸、左は空家。路地は崖の手前でいきどまりで、崖の上に郵政事業庁飯倉分館(当時)がみえる。飯倉分館も開発に伴い「麻布ヒルズ森JPタワー」となった。

012_20231103112801
12.9の勾配屋根の建物(空家)。手前の駐車場側に高い石積の擁壁が面している。

013_20231103113201
13.南側の路地。入口両側の建物はすでに空家。崖の上に郵政事業庁飯倉分館(当時)。

014_20231103113401
14.13の路地を入ったつきあたりにあった空地。我善坊谷南側の斜面。右の建物は麻布ロングビーチマンション。

015_20231103114201
15.14に同じ。

016
16.14、15を撮影した空地から北方向を見る。

017
17.13〜16を撮影した路地。左側の建物は空家。

018
18.中央の通りからいま来た方向を振り返る。正面の建物も空家。

«元麻布2丁目崖下の裏道