2022.10.31

渋谷定点観測02-22 その13 円山町・神泉・道玄坂

062 円山町その1

1102002
2002
1102022
2022

002年の中央の和風建築、1957〜79年の住宅地図には「料理 春 富久井」と表記がある。2002年の時点では「ギャラリーショップ やなせ」の表記が。料理屋の建物を活用してショップにしたのだろう。そして2016年賃貸マンション「春富久井ビル」が完成した。かつての店名を冠したネーミングだ。手前の「ホテル ルテシア」は健在。奥の「ホテル チャンドラ」は「ホテル ゼロ」になったが、建物の形は変わっていない。

51

 

063 円山町階段

0742002
2002
0742022
2022

階段横の「三光ハイム」、つきあたりの「NEIビル」は変わらず。赤い屋根の木造アパート「栗山荘」は建て替えたが現在も「栗山荘」という名称。

52

 

064 円山町その2

0732002
2002
0732022
2022

2002年時点で看板は出ていないが「おでんの店 ひで」であった。2022年も変わらず営業中。植え替えたのか伸びたのか、植え込みの様子はだいぶ違う。

53

 

065 円山町その3

0722002
2002
0722022
2022

料亭「花芳」は個人宅と駐車場になった。背後の「ホテル ペリカン」は健在。

54

 

066 円山町その4

0762002
2002
0762022
2022

料亭だろうか、「三門」と看板を掲げた和風建築。この翌年賃貸マンション「ヴィータ道玄坂」に建て替わっている。2022年は外装修繕のための足場がかかっている。カーブミラーの上の「HOTEL TEN-UN すぐそこ」のサインはなくなったが、ホテル自体は今もある。2022年のピンクの看板。これは奇抜なデザインで一時話題になった「スイーツホテル ルビー」「スイーツホテル ショコラ」(Jタウンネット「客室の壁にパン、パン、パン...! メルヘンすぎるラブホが渋谷に爆誕→記者が突入してきました」)のオープンの広告だ。

 

55

 

067 道玄坂看板建築

1022002
2002
1022022
2022

2002年当時新大宗ビル群の前面に6軒残っていた看板建築。当時の住宅地図をみると右から「DUKAN」「ナショナルショップノザワ」、1軒とばして「パラダイスアート」「大和興産渋谷コミュニティスペース」「セキネ」の5軒が営業中であった。壁面の剥落防止のためか緑色のネットがかかっている。ストリートビューで確認すると2014年から2015年の間に解体され駐車場化したようだ。
そしてこの駐車場を取り囲む新大宗ビル群の一帯も現在再開発が計画されている。11階建のホテルと30階建のオフィスが建設される模様(三菱地所「『道玄坂二丁目南地区第一種市街地再開発事業』再開発組合設立のお知らせ」)

 

56

 

068 渋谷道玄坂トンネル

0712002
2002
0712022
2022

トンネル上部の小屋がなくなり、表面をはうツタ類が増えている。右側の階段、「おでん 小料理 侘助」の看板がなくなった。踏切の設備も、中央の縦一列のランプがなくなったり、警報機の丸いランプが四角くなったり、新たに五角形のランプがついたりと微妙に変化している。詳しい人が見れば、この20年間の鉄道技術の変化が見てとれるのかもしれない。高圧電線の制限高が4.1mから3.8mに変わっている。

「渋谷定点観測02-22」の最後に
今回2022年の定点観測は以上です。まだまだ変貌を続ける渋谷、10年後の2032年、20年後の2042年と定期的に定点観測を報告していきたいと考えていますのでまたご期待ください。
57

10月 31, 2022 ■渋谷区渋谷定点観測02-22 |

2022.10.24

渋谷定点観測02-22 その12 百軒店その3・道玄坂一・二丁目

055 喫茶ライオン

00982002
2002
00982022
2022

1926年創業の名曲喫茶ライオン。基本的に外観は変わらずあまり劣化も進んでいないが、入口の緑の突き出し看板がなくなった。とれちゃった? また窓のテントの配色が変わり、電柱の突き出し看板がなくなり、巻付看板の配色が変わった。一軒向こうの老舗ロック喫茶BYGはピンクの看板が外れている。写真には写っていないが窓の外に放り出してあった。一軒手前の物干し台が置いてあった民家は紆余曲折あり現在は焼肉屋に。ストリートビューで確認すると「麺処 ぶたのまき」→「ブラジリアン食堂 BANCHO」→「焼肉酒場 肉ジョージ」→「博多焼鳥 串ジョージ」→現在の「焼肉ホルモン 新井屋」とめまぐるしくテナントが変わっている。道路がブロック舗装になった。

44

 

056 百軒店北側の通り

1002002
2002
1002022
2022

喫茶ライオンがある北側の通り。左側丸八ビルの看板がなくなった。1階が黄色い建物とその奥は建替え。ロック喫茶BYGのピンクの看板もなくなっている。つきあたりの駐車場に2005年道玄坂柳光ビルが完成。さらに奥に看板が見える、文化村のはす向かいにある渋谷シティホテルは2015年に名称変更とともに「SHIBUYA CITY HOTEL」の表示がなくなった(EN HOTEL Shibuya「渋谷シティホテルが生まれ変わります。」)。道路がブロック舗装になった。

45

 

057 千代田稲荷神社

0942002
2002
0942022
2022

神社は基本的に変わりなし。入口に折りたたみゲートがついたくらい。向かって右側の「ホテルモティ」は改装して新しくなり、左側の駐車場は道玄坂柳光ビルが完成。なお柳光ビルは渋谷にいくつもビルをもち、「渋谷定点観測02-22 その8 宇田川町」で紹介した「CISCO」のあったビルも同社所有のビルだ(柳光SYJグループ「4つのビルのストーリー」)。道路がブロック舗装になった。

46

 

058 ホテル「アラン・ド」

0432002
2002
0432022
2022

入口が塞がれ「大改装 近日OPEN」の張り紙が。しかしSNS等でたどると閉館したのは2019年、それから3年経った2022年現在まだ再オープンはしていない。壁面には落書きがありガラスも割れ始めている。2022年現在の渋谷区の「旅館業施設リスト」にはまだ掲載されているので再オープンを諦めてはいないようだ。同資料によれば1983年に許可がおりている。36年間続いたわけだ。なお新宿のアラン・ドは現在も営業中。

47

 

059 円山町への坂

0442002
2002
0442022
2022

文化村通りと道玄坂を直接つなぐ道路であり円山町への主要な動線であるのに名前がない道路。近年「ランブリングストリート」と呼ばれているようだが定着するか。この地点は文化村通り側からの入り口部分。
左側手前の1階が黄色い飲食店「花の木」は全体が黄色くなり飲食店「渋谷ゴールデンボール」に、その奥の緑で覆われたロシア料理「サモワール」は飲食店「しぶや花魁」になった。その奥の「ホテル・セラヴィ」は2011年「ホテル・ウィル」に。なおサモワールは1950年に現在のヤマダデンキLABI渋谷店のあたりに開店(東京些末観光「50年代の渋谷三角地帯(2)」)、その後当地に移転し、SNSをたどると2007年ころに池尻に移転した。
右側は青い看板の「ホテルプリンセス」がピンクの看板「ホテルエリアス」に。しかし「ホテルエリアス」は渋谷区の旅館業施設リストによれば営業許可日が1967年になっているので単なる名称変更だろう。だとすれば円山町で一番古いラブホということになる。
奥に見える道玄坂上に建設中の「E・スペースタワービル」ビルは2002年に完成。

 

48

 

060 マークシティ横の坂その1

0122002
2002
0122022
2022

「ホテルふじや」は「道玄坂Trビル」に建て替わった。手前の「ノナカビル」や右側の「龍昌ビル」は健在だが袖看板が消えた。袖看板は今どきはあまりはやらないのかもしれない。

 

50

 

061 マークシティ横の坂その2

0872002
2002
0872022
2022

マークシティ側は変わらない。だがなぜか駐車場入り口の上にマークシティのロゴがつけられた。入口がわかりにくいという意見があったのか。右側に2012年渋谷ヒカリエ、2019年渋谷スクランブルスクエアが完成している。

 

10月 24, 2022 ■渋谷区渋谷定点観測02-22 |

2022.10.17

渋谷定点観測02-22 その11 百軒店その2

050 喫茶ライオン裏口

0102002
2002
0102022
2022

1926年創業の名曲喫茶ライオン。こちらは表の入口ではなく裏手の飲み屋街側の入口。2007年飲み屋街が開発され賃貸マンション「スクエア渋谷」が完成した。ライオンの裏口に至る飲み屋もスクエア渋谷の駐車場となっている。

40

 

051 百軒店飲み屋街その1

1082002
2002
1082022
2022

百軒店の中央の通りから奥に2本路地が伸び、飲み屋街があった。そのうちのさびれた方の路地。2002年の時点で立ち退きを進めていたのだろう、営業している店も少なく一部すでに廃墟化が始まっている。「わかば」「向かい」等が営業中。2007年飲み屋街が開発され賃貸マンション「スクエア渋谷」が完成した。2022年は全く意味のない写真になってしまったが同じ角度から写真を撮影した。スクエア渋谷のマンション入口。

41_20221015021201

 

052 百軒店飲み屋街その2

00112002
2002
00112022
2022

百軒店の中央の通りから奥に2本路地が伸び、飲み屋街があった。そのうちのまだ栄えている方の路地。「スナックぴえろ」「スナック島」「モニカズ」「まさこ」「スナックさらさら」等がまだ営業中。2007年飲み屋街が開発され賃貸マンション「スクエア渋谷」が完成した。2022年は全く意味のない写真になってしまったが同じ角度から写真を撮影した。スクエア渋谷のオフィス階入口。

42_20221015021001

 

053 百貨店飲み屋街その3

0092002
2002
0092022
2022

百軒店の中央の通りから飲み屋街入口を見る。「一木屋酒店仮店舗」「庭」「すみ江」等の店名が見える。「渋谷時報社」はどんな出版物をつくっていたのか。気になるところ。2007年飲み屋街が開発され賃貸マンション「スクエア渋谷」が完成した。ついでにつきあたりの「ホテルサンエイト」は駐車場になっている。

43

 

054 百軒店中央の通り

00452002
2002
00452022
2022

百軒店の中央を通る道。右側のマンション「サンモール道玄坂」つきあたりの「Sgビル」(左)、武道具店「松興堂」(右)、「野村不動産渋谷道玄坂ビル」(背後)、「渋谷マークシティ」(さらに背後)、左側奥のライオンズマンション道玄坂は変わっていない。街路灯の形もそのままだ。左側手前の飲み屋街の一画は2007年賃貸マンション「スクエア渋谷」になった。

 

10月 17, 2022 ■渋谷区渋谷定点観測02-22 |