« 勃ち上がるケーキ | トップページ | 男のチョコレート »

2004年1月28日 (水)

川辺・丹生神社「笑い祭」

 一瞬「笑い飯」かと思ったのだが、残念ながら「飯」ではなく「祭」。ええ土ー。

 紀伊民報AGARAフラッシュニュースによると、御輿や屋台を先導する「鈴振り」が、農作物で飾り付けられた升を持った12人の「升持ち」を従え、ユーモラスな扮装や動きで見物人に「笑え、笑え」と言いながら練り歩くという神事らしい。
 鈴振りは「世は楽じゃ、家は楽じゃ」と言いながら練り歩くそうだが、なんとも良い台詞ではないか。世知辛い世の中、出来れば一生こうありたいものである。

 記事に添えられた画像を見る限り、鈴振りの顔はユーモラスというよりもちょっと怖い。
 カールスモーキー石井が何か考え事をしていてついメイクを失敗してしまったジェームス小野田、といった感じ。って、たとえがわかりにくくてすまん。
 というか、鈴振りにJOを招いてはどうか。
 もちろんメイクはカールスモーキー石井だ。衣装も新しくデザインしてもらおう。ものすごく派手なヤツ。
 この際、米米CLUBを再結成して、祭りのステージで「嫁津波」を唄ってほしい。盛り上がるぞ。【み】

◆笑祭り(川辺町役場)
◆川辺・丹生神社 「笑い祭」にぎわう(紀伊民報AGARAフラッシュニュース)

1月 28, 2004 at 12:32 午後 今日の祭 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/143652

この記事へのトラックバック一覧です: 川辺・丹生神社「笑い祭」:

» 「笑い講」から「郵便局」へ トラックバック つれづれ
毎日チェックしている"郷土の新聞 秋田魁新報"にこんな記事がありました。 ワーッハッハで年忘れ/山口の奇祭「笑い講」  浮世の憂さを豪快に笑って吹... 続きを読む

受信: 2004/12/05 22:42:22

コメント

コメントを書く