« 息子の名は「バージョン2.0」 | トップページ | 火事を消した魚 »

2004年2月 2日 (月)

オタマジャクシの寒中水泳

 中国新聞地域ニュースによると、岡山県矢掛町江良でオタマジャクシ数匹が泳いでいるのが発見されたという。

 発見したのは福山市瀬戸町の大工赤堀隆さん(50)。公務員守屋澄さん(42)宅の新築工事の合間に近くのため池の周囲を散歩していたところ、枯れ木や枯れ葉がたまった水たまりに体長三、四センチのオタマジャクシ数匹が泳いでいるのに気付いた。

 同記事によると「オタマジャクシのままで越冬するウシガエルなど」ではないかとのことだが、単にうっかり者のオタマジャクシではないことを祈るばかりである。
 気になるのは、発見場所が「池の周囲の枯れ木や枯れ葉がたまった水たまり」であったということだ。
 なぜ、そばの池で泳がぬのか、オタマジャクシたちよ。もしや、やっぱり単なるうっかりオタマなのか?【み】

◆春はまだだよ 岡山県矢掛にオタマジャクシ(中国新聞地域ニュース)

2月 2, 2004 at 04:42 午後 今日のトピックス, 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/159366

この記事へのトラックバック一覧です: オタマジャクシの寒中水泳:

コメント

コメントを書く