« 映画「パッション」のチケットに「666」の数字 | トップページ | 新居はバラバラ事件の現場 »

2004年3月 2日 (火)

北海道でイカ型の出土品

 北海道、森町の「鷲ノ木4遺跡」で、縄文時代後期前半の地層からイカの形の出土品が出た。同町教育委員会は、「イカをかたどった土製品は、例がないのではないか。当時の生活習慣をうかがわせ、興味深い」と話しているという。
 同町にある森駅は駅弁「いかめし」で有名。最初この話を聞いたときは地域振興を願う地元民のひいき目が出土品をイカに見せたのではないか、あるいは破片をむりやりイカの形に継ぎ合わせたりしていないかと疑った。しかし写真を見ればまさにこれはイカ、矢印でも男性器でもない。考えてみればイカの産地でイカの形のものをつくっても不思議はないなと考え直した。(Yahoo!ニュース:画像あり)【吉】

3月 2, 2004 at 12:17 午後 今日のトピックス, 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/253370

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道でイカ型の出土品:

コメント

コメントを書く