« 砂の上に「SOS」で無事無人島から救出 | トップページ | 喫煙は基本的人権? »

2004年4月16日 (金)

中国からアメリカまでネコ密航

 4月9日、中国から鳥籠400個を輸入したノーマン・ゴールドバーグさんは、倉庫に届いた積荷を開いて、注文していないものが一緒に届いているのを見つけた。ひどく痩せ衰えたネコだ。
 このめすネコは、コンテナに閉じこめられたまま約1カ月間航海し、約1.5kgほどまで痩せていた。鳥籠が入っていた段ボール箱がいくつか囓られていたという。
 3月のはじめに中国の工場で鳥籠をコンテナに積み込む際に入ってしまったものと思われる。コンテナは4月1日にロスアンゼルスに着き、鉄道で倉庫のあるタンパまで届けられた。
 このネコはアニマルサービスに引き取られ、「チャイナ」と名付けられ、独自の食事と静脈注射で元気をとりもどしつつある。
 ゴールドバーグさんの義弟が中国の工場に、ネコがいなくなっていないか問い合わせたところ、アイビーさんという女性から「私のネコが生きていると知って大変喜んでいます。ところでそのネコは黄色いやつですか、灰色のやつですか。実はネコを2匹飼っていたのですが、1月前に2匹ともいなくなってしまったんです。どうか育ててやってください。あるいは動物の収容所に預けてやってください。」という返事がきたという。
 ネコが元気になり次第、里親を見つけることになるという。(Yahoo! News)
 さて残りの一匹はどこでひからびているのでしょう。【吉】

4月 16, 2004 at 12:24 午前 今日のトピックス, 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/446821

この記事へのトラックバック一覧です: 中国からアメリカまでネコ密航:

コメント

今まで楽しく拝見させて頂いてきたのですが、個人的には理解できない一文がありました。
たかが小動物の健康状態など、小ネタでしかないのでしょうね。
>さて残りの一匹はどこでひからびているのでしょう。

投稿: surippa | 2004/04/16 8:29:40

私もsurippaさんに同感です。
憤りを感じます。

投稿: かず | 2004/04/16 14:37:26

まあ、わからんでもないがもちつけ。
吉さんも悪意で書いたわけじゃあるまい

投稿: xtc | 2006/01/05 8:45:43

コメントを書く