« トルコのパン屋兼売春宿で爆発 | トップページ | ひとりヌルヌルプレイで告訴された男 »

2004年5月19日 (水)

セミのニンニクいためを喰って全身発疹に覆われた男

 アメリカ東部で17年ごとに大発生するセミがいるが、今年はその当たり年。数十億匹の羽化が予想されている。  
 おりしもインディアナ州ブルーミングタウンで、その17年ゼミ約30匹をバターとニンニク、バジルでいためて食べた男がいた。しかし彼は頭からつま先まで発疹に覆われ、医者の世話になる羽目になった。
 男性にはぜんそくと甲殻類のエレルギーの病歴があり、男性を診察した医師は昆虫を食べることは一部の人にとっては大変な危険を招くと語っている。
 なお味はそう悪くなかったという。(Yahoo! News)
 病歴があるんだからあまりムチャなものは喰いなさんな。【吉】

5月 19, 2004 at 01:24 午前 今日のトピックス, 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/616853

この記事へのトラックバック一覧です: セミのニンニクいためを喰って全身発疹に覆われた男:

» 17年ゼミの当たり年 トラックバック Outdoor Life Taste
Yahooのニュースを見ていたら、「17年ゼミが大発生」といった記事がありました。 これは、何ぞやと調べたところ、今年は周期ゼミ(17年周期、13年周期で大発生... 続きを読む

受信: 2004/05/20 15:32:04

コメント

この記事へのコメントは終了しました。