« デンマーク沖で潜水艦釣れる | トップページ | 昼食を10分で立って喰わなければならない中学 »

2004年5月15日 (土)

生きてるブローチ「ジンガサハムシ」見つかる

 和歌山県西牟婁郡上富田町の民家の花壇で、透明の羽と黄金の体で知られる「ジンガサハムシ」がみつかった。

ジンガサハムシの特徴は、羽が透明で、その下にくすんでいるが黄金色に輝く体が透けて見える。食べる草はヒルガオで、ヤマノイモなどにも見られることがあるという。ヒルガオが栽培植物でないため、一般の人が目にすることは少ないと言われている。(紀伊民報AGARA)

 この虫について触れているサイトを読んでみると、大変キレイな虫のようである。見てみてえ。
 「晶子のお庭は虫づくし〜虫(昆虫)の生態図鑑〜」
 「道明の部屋」
 「花鳥風月 我孫子虫日記」

5月 15, 2004 at 07:35 午後 今日のトピックス, 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/599012

この記事へのトラックバック一覧です: 生きてるブローチ「ジンガサハムシ」見つかる:

» dinosからおしゃれなブローチ トラックバック 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
今日は、dinosからオリジナルブローチが届きました。 かわいいとかげのブロー... 続きを読む

受信: 2005/12/03 11:22:12

コメント

コメントを書く