« 死んだことになっていた男 | トップページ | 空から凍った魚降る »

2004年7月16日 (金)

車の窓から花火を投げようとしたが窓を空け忘れ…

 7/14の夜。アダム・ウェーバー(24)とジャレド・ウィリアムスはソルトレイクシティの町を車でとばしながら素晴らしいアイデアを思いついた。手元にあるどでかいロケット花火に点火して窓から放り投げる ―通行人を驚かそうとしたのか、そう思いついた2人は早速実行にうつした。
 導火線をのばし、火をつけて、窓へ投げた! ―しまった窓を開けるのを忘れてた!
 窓にぶつかった花火は火花を散らしながら車内をあちこちへ移動、最後に色とりどりの火花を散らしながら大爆発した。に違いない。
 ウェーバーは腕と足と胴に2~3度の火傷、(3度は皮下組織にまで達する火傷で結構重傷)ウィリアムスは背中に軽い火傷を負った。(Yahoo! News)【吉】

7月 16, 2004 at 03:20 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/984766

この記事へのトラックバック一覧です: 車の窓から花火を投げようとしたが窓を空け忘れ…:

» こんなお馬鹿が(ノд-。) トラックバック うどんの打ち方
窓から花火を投げる@窓開け忘れ(笑) おばかだねい(ノд-。) 続きを読む

受信: 2004/07/17 20:08:16

» 「硬派」な花火。 トラックバック sima2*blog
江戸時代中期から続く福島県浅川町の「浅川の花火」が16日、同町の社川河畔と城山公... 続きを読む

受信: 2005/08/14 17:15:20

» 「硬派」な花火。 トラックバック sima2*blog
江戸時代中期から続く福島県浅川町の「浅川の花火」が16日、同町の社川河畔と城山公... 続きを読む

受信: 2005/08/14 17:22:26