« 猫の霊(?)にとりつかれ女子校が休校に | トップページ | 火のついたウサギが逃げ込み火事に »

2004年8月12日 (木)

島根で直径1mの寒天状の生物見つかる

 島根県大田市で「オオマリコケムシ」が発見された。
 このオオマリコケムシ、「直径数十センチから一メートルほどの寒天状で、表面に白い編み目模様のある物体」で、夏場は1.5mmほどの個体が無数に集まって直径一メートルほどになり、水温が下がると個体に戻るというのだからなかなかキモチワルイ。(山陰中央新報)【吉】
参考
 ◆「オオマリコケムシの話」(宮城県)

8月 12, 2004 at 12:14 午後 今日のトピックス, 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/1178489

この記事へのトラックバック一覧です: 島根で直径1mの寒天状の生物見つかる:

» 【知る】島根で巨大生物発見、しかもニュルニュルしてるらしいぜ トラックバック ザイーガ
この謎の生物はオオマリコケムシという外肛動物だそうです。外に肛門がくっついた生き物ってだけで興味津々なのに、オオマリコケムシをパルモ特有の右脳イメージ読みでオオ... 続きを読む

受信: 2004/08/13 12:39:08

» キングスライム…なわけないな トラックバック funny 一時 serious のち interesting
ココモブで見つけた記事。 「島根で直径1mの寒天状の生物見つかる」 どうやら、こ 続きを読む

受信: 2004/08/15 19:04:32

コメント

この記事へのコメントは終了しました。