« ATMを素手で叩き壊した少女 | トップページ | カンザス大でゴジラ学術会議開催 »

2004年10月15日 (金)

カブのサラダ「ネズミのかけら」添え

 米国東部に132店舗を展開するレストラン・チェーン「ピカデリー」で、客に出されたカブのサラダに「ネズミのかけら」が混ざっていたことから同チェーンはサラダを回収した。
 地域責任者のクリント・セレスティンさんによれば、「ネズミのかけら」はジョージア州モローの店舗で出され、業者から購入した冷凍のサラダに混ざっていた。「当日のうちに全店舗からカブのサラダを回収しました。開封してあるものは全て捨て、未開封のものは業者に返送しました。」と語る。
 問題のサラダを口にした不運なトラック運転手コリス・L・ウォレンさん(40)は、食事を進める途中で「毛皮のようなもの」に気づいたという。「気づかずに少し喰っちまったかも」と彼は語っている。
 ウォレンさんは同店を訴える構えだという。店側はコメントを控えている。(CNN.com)
 さてかけらの残りは誰の口に?【吉】

10月 15, 2004 at 03:48 午後 今日のトピックス, 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/1686666

この記事へのトラックバック一覧です: カブのサラダ「ネズミのかけら」添え:

» 2004/10/15 ニュースメモ トラックバック I'm bored
カブのサラダ「ネズミのかけら」添え この運転手の体は何ともなかったのでしょうか。 真空容器、5年はもつ「ボトルフラワー」 東京EXPO 中身を交換出来... 続きを読む

受信: 2004/10/15 17:05:12

» カブのサラダ「ネズミのかけら」添え トラックバック そこはかとなく書きつくれば♪
うわー。虫もやだけど、ネズミもちょっと勘弁・・・・  米国東部に132店舗を展開するレストラン・チェーン「ピカデリー」で、客に出されたカブのサラダに... 続きを読む

受信: 2004/10/15 18:34:40

コメント

この記事へのコメントは終了しました。