« 20年間眠っていない男 | トップページ | 7.5kgの赤ちゃん産まれる »

2005年1月19日 (水)

「夕鶴」の突飛な登場人物

 「夕鶴」といえば、鶴の恩返しをベースに木下順二が著した戯曲で、團伊玖麿作曲によりオペラにもなっている。登場人物の「おつう」「与ひょう」の名を知っている方も多いだろう。
 ご存知の方も多いだろうがこの戯曲にはもう二人登場人物がいるのだ。つうにもっと布を織らせ、大儲けをしようと与ひょうをそそのかす悪玉である。その名を「運ず」と「惣ど」というのだ。
 何だ「うんず」と「そうど」って。「ず」とか「ど」はどこから持ってきたんだ。どういうつもりのネーミングなのか木下を問いつめてみたいものである。【吉】

1月 19, 2005 at 01:46 午前 今日のトピックス |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夕鶴」の突飛な登場人物:

» Tokyo Fuku-blog: 「夕鶴」の突飛な登場人物|記事のご紹介 トラックバック 劇団午後の自転blog
Tokyo Fuku-blog: 「夕鶴」の突飛な登場人物 ”「夕鶴」の突飛な登 続きを読む

受信: 2005/01/24 22:20:21

コメント

この記事へのコメントは終了しました。