« 拘束衣姿のテディベア、売れ行きは上々 | トップページ | 平和の象徴との戦いにローマ法王敗れる »

2005年1月30日 (日)

ブータン国王が喫煙を宣言

 国内でタバコの販売と公共の場所での喫煙を禁止した最初の国、ブータンのジグメ・シンゲ・ワンチュク国王は、自分でタバコを辞める気はないらしい。
 「わしゃタバコを吸っておるが、減らそうとしておる。」とインドへの6日間の公式訪問中記者に語った。日に何本タバコを吸うかという質問には「わしゃ答えんぞ」「だが辞めた方がいいじゃろうな」と回答を拒否した。
 同国では個人での使用に限り国外からの持ち帰りを認めているが、高額の税が課せられることになる。インドからどれくらいのタバコを持ち帰るかについても、国王は明らかにしなかった。(Yahoo! News - AFP)
 国王ったら…【吉】

1月 30, 2005 at 06:20 午後 今日のトピックス |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブータン国王が喫煙を宣言:

» [禁煙]6日目 トラックバック 禁煙日記
ブータンってそういえば国を挙げて禁煙になったということを思い出した。国王は好きモノのようですが。ブータンのことを2日前に書いてて、あーシンクロだなと。 禁煙し始... 続きを読む

受信: 2005/04/06 1:48:54