« 失恋男、35階の窓から全てを投げ捨てる | トップページ | 高級デパートに突然妊婦が殺到 »

2005年3月28日 (月)

1か月かけて数え上げた謎の出土品、虫のフンと判明

 約20年前から日本各地の古墳で謎の土粒が大量に出土し、これまで五穀豊穣や子孫繁栄の儀式のために使う米の代用品とされ、「擬似米」と命名までされていたが、実はカブトムシのフンであることが判明した。
 奈良県桜井市教育委員会では出土品として1か月かかって1949粒を数え、3種類の大きさに分類までしたという。同委員会によれば、これほど詳細なカブトムシのフンの研究は世界的にも例がないとのことだ。(Yahoo!ニュース - 読売新聞)【吉】

3月 28, 2005 at 03:39 午後 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/3472387

この記事へのトラックバック一覧です: 1か月かけて数え上げた謎の出土品、虫のフンと判明:

» 歴史的大発見 トラックバック どうでもいいこと
歴史的大発見だと思っていたのにそうじゃなかったらしいですね。 もっとも、これはこ... 続きを読む

受信: 2005/03/28 22:37:33

コメント

この記事へのコメントは終了しました。