« 「白髪三千丈」じゃないや、「黒髪三千粍」 | トップページ | 3Dエッシャー »

2005年3月10日 (木)

体長45cmの犬、40cmの棒を飲み込む

 英国ポーツマスに住むジョン・ハーストさんは、2歳のブルテリア「ミリー」と散歩をしていた。犬の散歩といえば棒投げである。ハーストさんが投げた棒をミリーがとりに走った。しかしミリーが地面に突き刺さった棒をとろうとしたところ、勢いあまって棒が口の中にズボッと全部入ってしまったのである。棒の長さは40cm、ミリーの体長は45cm。ほぼ全身に棒が通ってしまった状態だ。口の方から少し押してやれば、肛門からニョッキリ出てきそうな状態である。
 ミリーは動物病院にかつぎこまれ、マイクロカメラで検査をうけた。棒はのどから胃の奥まで通っていたが、運良く内臓に刺さってはいなかった。
 2時間の手術の後、ミリーは胃壁に少々傷を負っただけで助かったという。
 獣医のマシュー・タイラーさんによれば犬が棒を飲んでしまうのはよくある事故だというが、「こんなに奥まで飲み込んだのは聞いたことがない」という。(Yahoo! News - AFP)【吉】

3月 10, 2005 at 12:05 午後 今日の犬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/3243402

この記事へのトラックバック一覧です: 体長45cmの犬、40cmの棒を飲み込む: