« 市役所がおとなのおもちゃをオークションに出品 | トップページ | コロラド名物「凍ったノルウェー人の死体祭り」 »

2005年3月 5日 (土)

スコットランドの橋で犬が謎の連続自殺

 スコットランドで犬の自殺とも思える事件が相次ぎ、動物心理学者が首をかしげている。ダンバートン州のオーバートウンハウスにある橋から、この6か月で少なくとも5匹の犬が身を投げている。飼い主と一緒に散歩していた犬が突然欄干を飛び越して落ちていったというのだ。水面からの高さ13mのこの橋は犬が次々に川に飛び込むことから「ローバー(犬の名)の飛び込み台」としてたちまち知られるようになった。
 「犬は自殺などしません。犬には戦うか逃げるかの反応しかしません。」とスコットランド動物虐待防止協会のドリーン・グラハムさんは語る。「あの橋での事件には大変関心をもっています。なぜそれが起きたのか理解したいのです。」
 オーバートウンハウスは1863年に地元のオーバートウン卿によって建てられた建物で、最近心のケアを行うキリスト教系の「ホープ・アンド・ヒーリング」センターとして改装されたばかり。
 動物行動学の権威で動物虐待防止協会の相談役であるジョイス・スチュアートさんは、自らの死を察知した犬がどこかへ去るという話は聞いたことがあるが、自殺するという話は聞いたことがないという。彼女は多発する事件を「気味が悪い話」とし、調査をすれば「何か合理的な説明がつくはず」と語っている。
 動物虐待防止協会では橋の近くでは飼い犬にリードをつけるよう呼びかけている。(News.com.au),(The Herald)
 オーバートウンハウスの公式サイトのフォトギャラリーにあったこれが問題の橋だろうか。【吉】

3月 5, 2005 at 04:40 午後 今日の犬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/3181702

この記事へのトラックバック一覧です: スコットランドの橋で犬が謎の連続自殺:

» 犬が謎の連続自殺 トラックバック [cha] カコッチャ
犬が謎の連続自殺 スコットランドにある橋から犬が次々と飛び降り自殺を図っているということなんですがこれは今の日本における練炭を使った集団自殺と同じようなものなの... 続きを読む

受信: 2005/03/06 10:55:08

コメント

この記事へのコメントは終了しました。