« 井戸に2日間こもって嫁をねだった息子 | トップページ | 高校の天井裏で腐った動物の遺骸でいっぱいのバッグ見つかる »

2005年4月19日 (火)

究極のセックス・ロボットを開発

 ニュルンベルクの飛行機整備士ミヒャエル・ハリマン氏が、これまでで最も精巧なセックス・ロボットを開発したと発表した。
 このロボットは世界一リアルなダッチワイフとして有名な「リアル・ドール」に改良を加えたもの。皮膚は外科用の人工皮膚。行為中に機械製の心臓は心拍数が増し、呼吸が激しくなり、体温まで上がるという。体温は上がっても足は人間のように冷たいままというこだわりようだ。
 ハリマン氏は「本物の人間とほとんど区別がつきません。」「まだ改良を重ねており、生身の人間を超えるまで満足できません。」と語る。
 このロボット「アンディ」のベーシックモデルは4000ポンド(約80万円)。巨乳などのオプションもつけることができる。また腰をくねらせたりと、行為中想定される様々な動きをリモートコントロール一つで操作できるという。(Ananova)【吉】

<関連記事>
会話までできるセックスロボット「ロキシー(Roxxxy)」登場

4月 19, 2005 at 09:38 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/3763608

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のセックス・ロボットを開発:

» シリコンドールは電車男の夢を見るか?2 トラックバック ちんちんBlog
先日、〈ダッチワイフ風俗が密かなブーム〉になっているという話題を紹介したばかりだが、そのダッチワイフがめざましい進化を遂げつつあるらしい。 「究極のセックス・ロボットを開発」 【Tokyo Fuku-blog】 「セックスのときに息が荒くなるセックス・アンドロイド」 【海..... 続きを読む

受信: 2005/04/20 22:46:52

» ロボット情報専用タグ トラックバック NetPlaza support.
このたび、ネットプラザでは!ロボット専用Blog記事のデータを扱うことが出来るようになりました。 あなたのBlog設定に、弊社のPingサーバーを設定するだけで自動的にロボット関連データを登録できます。 Blog記事の内容に、専用タグを設定すると! 自動的にロボット専用Pingデータに設...... 続きを読む

受信: 2006/02/02 12:33:48

コメント

この記事へのコメントは終了しました。