« 足の生えたヘビ見つかる? | トップページ | しっぽ付きの卵見つかる »

2005年5月10日 (火)

ブラジルで恒例「オーガズム・デー」開催

 ブラジルのエスペランティナで5/9恒例の「オーガズム・デー」を祝い、インポテンツから早漏に至るまでの様々な会議が開催された。
 人口3万8千人の街エスペランティナではこの4年間非公式に「オーガズム・デー」を開催してきたが、5/7に市議会の投票によって市の公式イベントに制定された。
 このイベントでは会議のほかイブ・エンスラーの劇「ヴァギナ・モノローグ」も上映された。
 エスペランティナのフェリペ・サントリア市長は新聞の取材に対し「神経性やストレス性の病気など、人間にとっての多くの問題は性にまつわる不幸が原因です。『オーガズム・デー』では会議を通じて性について議論し、専門家と語り合うよい機会なのです。」と語った。(Yahoo! News - AFP)
2001年の制定時の記事はこちら。2002年の様子はこちら(おはようサンスポネット)。【吉】

5月 10, 2005 at 05:35 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/4068934

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルで恒例「オーガズム・デー」開催:

» オルガスム記念日―ブラジル トラックバック これから
ブラジルの小さな町エスペランティーナでは今、オルガスム記念日で賑わっていを見せている。オルガスム記念日には、セックスやインポについて、またオルガスム(オーガズム)の重要性について講演を行なうのだそうだ。また地元の劇場ではイブ・エンスラーの独白劇『The Vagina Monolo... 続きを読む

受信: 2005/05/11 0:31:23

» ブラジル恒例『オーガズム・デー』 トラックバック はだかのおおさま
ブラジルのエスペランティナで5/9恒例の「オーガズム・デー」を祝い、 インポテンツから早漏に至るまでの様々な会議が開催された。  人口3万8千人の街エスペランティナではこの4年間非公式に 「オーガズム・デー」を開催してきたが、5/7に市議会の投票によって 市の公式イベントに制定された。 このイベントでは会議のほかイブ・エンスラーの劇「ヴァギナ・ モノローグ」も上映された。エスペランティナのフェリペ・ サントリア市長は新聞の取材に対し「神経性やストレス性の病気など、 人間にとっての多く... 続きを読む

受信: 2005/05/11 13:02:32