« 跳ねた歩行者の死体をフロントガラスにめり込ませたまま走行 | トップページ | 迷い犬、里親と散歩中に偶然もとの飼い主の家を見つける »

2005年10月26日 (水)

胎児の死体に住民の花束 ―のちにニワトリの死体と判明

 謎の胎児の死体が見つかった路地に人々が多くの花束や供え物を供えた。しかし実はそれは人間ではなくニワトリの胎児だったのだ。
 英国リバプールのアンフィールド地区の裏道で住民が何かの死体を発見、警察は現場を立入禁止にしたがすぐにそれは人間でなくニワトリの胎児と判明した。しかし善意の人々により現場には何十もの花束やメッセージを記したカード、テディベアなどが供えられた。あるカードには「小さな赤ちゃんよ安らかに。イエスの腕の中で静かに眠れ。あなたを愛するある母親より。」と書いてあった。
 10/24、マージーサイド警察署は住民に「悲しむのはやめてください。あれはただのニワトリです。」と呼びかけた。同署の広報官は「何人かの住民が胎児を見つけ、それが人間の胎児に似ていたのでしょう、我々に通報してきました。」「一帯を立入禁止にして捜査を始めましたが、それは明らかに人間の胎児ではありませんでした。」「花束やカードは地元の噂話によるものでしょう。しかしあれは人間の胎児ではないと保証できます。」と語った。(BBC NEWS)
 多くの人々の願いが通じ、この幸せなニワトリはさぞ安らかに眠れることだろう。【吉】

10月 26, 2005 at 12:20 午前 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/6585802

この記事へのトラックバック一覧です: 胎児の死体に住民の花束 ―のちにニワトリの死体と判明:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。