« ナイジェリアで謎の霧 | トップページ | 世界最長のパイ毛の記録更新される »

2005年10月14日 (金)

謎の微生物「ハテナ」

 筑波大の研究グループが和歌山県の砂浜で妙な生物を発見、「ハテナ」と名付け10/14付けの米科学誌サイエンスに発表した。
 直径30ミクロンのこの微生物は体内に藻をもっており緑色。細胞分裂すると、藻をうけついで光合成で生きる「植物型」の緑色の個体と、藻をうけつがずに口のようなものができて藻を食べて生きる「動物型」の個体に分かれるという。(MSN-Mainichi INTERACTIVE:画像あり).

10月 14, 2005 at 12:32 午後 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/6393763

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の微生物「ハテナ」:

» http://tayumani.blog26.fc2.com/blog-entry-71.html トラックバック 日々の徒然
元記事 これは昨日取り上げた・・・はず。 少し古いですが、こっちもなかなか凄い虫です。 ちょっとグロイですが画像もあります。 続きを読む

受信: 2005/10/16 20:21:52

» http://tayumani.blog26.fc2.com/blog-entry-72.html トラックバック 日々の徒然
元記事 これは昨日取り上げた・・・はず。 少し古いですが、こっちもなかなか凄い虫です。 ちょっとグロイですが画像もあります。 続きを読む

受信: 2005/10/16 20:22:50

» ハテナ トラックバック BLLOGG-WHITETIGER
 我が第二の故郷・茨城県。その茨城一の名門、筑波大の研究グループが砂浜で不思議な微生物を発見した。この微生物は「ハテナ、はてな、?」と言ってるような気がするとのことから、『ハテナ』と仮称付けられた。  このハテナのハテナぶりは米科学誌サイエンスに発表される予定。  ハテナは一種の海洋微生物であり、細胞分裂によってその体色を分けていく。例えば、「紫ハテナ(紫に近い色のハテナ)は分裂すると、青ハテナと赤ハテナに�... 続きを読む

受信: 2005/10/17 18:20:13

コメント

この記事へのコメントは終了しました。