« 胎児の死体に住民の花束 ―のちにニワトリの死体と判明 | トップページ | 店の食べ物に粉末状の汚物をふりかけた男 »

2005年10月26日 (水)

迷い犬、里親と散歩中に偶然もとの飼い主の家を見つける

 9月徳島西署に保護され里親にひきとられていた迷い犬が、散歩中に偶然元の家を見つけ、無事もとの飼い主と再開した。
 9/13徳島市内の民家にヨークシャーテリアが迷い込み、同署が保護。20日付けの徳島新聞で迷い犬として掲載されたことをきっかけに近藤麻由さん(17)が引き取った。
 そして22日夕近藤さんがこの犬を散歩に連れて出たところ、犬がある家の前で動かなくなり、うれしそうにしっぽを振りながらドアに飛びついた。近藤さんがその家の女性に犬を見せたところ、その家で飼われていた「エル」だとわかった。エルは室内犬だったが、13日の朝目を離したすきに家から出ていってしまったという。(徳島新聞)【吉】

10月 26, 2005 at 11:08 午後 今日の犬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/6646033

この記事へのトラックバック一覧です: 迷い犬、里親と散歩中に偶然もとの飼い主の家を見つける:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。