« 逃走中ズボンがずり落ちて御用に | トップページ | 死んだ兄が目を覚ます »

2005年11月 6日 (日)

永遠の恋人— 交尾中の化石見つかる

 これは一夜限りの関係ではない。インドの科学者が6,500万年の間性的な結合したまま一体となった化石を発見した。この発見はインドの「カレント・サイエンス」誌の10月号で発表されたもの。交尾した状態の化石が見つかったのははじめてだという。
 しかしこの永遠の恋人たちを覗いてみたい向きには顕微鏡が必要だ。というのはこの化石、粘菌としても知られる変形菌が発育する段階の、小さな遊走細胞の化石なのだ。ラクナウにあるバーバル・サーニ古植物研究所のランジート・カー氏によればこの細胞は合体して繁殖し、一度合体すると長い糸のような鞭毛が失われるという。合体し鞭毛が失われた状態での化石は2個の細胞が交尾していることを示すという。論文では「生殖器は壊れやすく結合の時間は短いので、この状態の化石を入手できるのはまったくまれなこと」としている。
 この化石はマディア・プラデシュ州の干上がった井戸の地下9mで発見された。(AP)【吉】

11月 6, 2005 at 11:32 午後 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/6934743

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の恋人— 交尾中の化石見つかる:

» ◆永遠の愛の象徴か?交尾中の化石見つかる 〜インド トラックバック ◆空を見上げて犬は今日も歩く
これは、終わることのない 永遠の愛の象徴なのか。 インドで交尾中の化石が見つかったそうです。 続きを読む

受信: 2005/11/07 0:16:34

» リアル失楽園 トラックバック トラバぁ言って聞かせやしょう
Tokyo Fuku-blog: 永遠の恋人— 交尾中の化石見つかる ボージョボー人形よりもこっちのが願いがかないそうな気がする。製品化されるだろうか。見栄えがよいのかどうかがちいとわからないけど。... 続きを読む

受信: 2005/11/07 10:36:08

» 永遠の恋人 トラックバック 日々の徒然
元記事 題名を見たら何かと思いましたが、ちょっと下ネタでした。 人間が滅びて化石になったとして、将来自分が発掘されて博物館で恥ずかしい様子(別に記事のように交尾中のもの 続きを読む

受信: 2005/11/07 21:21:40

» 永遠の愛・・・か トラックバック ぴあのの我楽多箱
久々にTokyo-Fuku-blogさんからのTBです。 インドの科学者が6,500万年の間性的な結合をしたまま一体となった化石を発見した・・・そうです。もしや6500万年前の失楽園!?かと思いきや、実は「菌」の交尾の状態だそうです。普段気にも留めない小さな「細菌の生殖」。化石となることによってクローズアップされるなんて、おもしろい。それにしても、どのような経過で化石に至ったのか、その時世界どういう状況だったのか、はやっぱり謎よね。ミステリアス。... 続きを読む

受信: 2005/11/19 0:53:10

コメント

この記事へのコメントは終了しました。