« 人間の皮でつくった本(画像あり) | トップページ | 一つ目のネコ産まれる(画像あり) »

2006年1月10日 (火)

2年前に死んだ女性、テレビの前でミイラ化して発見される

 オハイオ州で2年半前に死んだ女性の遺体が、テレビの前の椅子に座ったままの姿でミイラ化して発見された。
 ヨハンナス・ポープさんは2003年に61歳で亡くなった。彼女の遺体は静かな通りに面した彼女の家の2階で先週見つかった。遺体がミイラ化し試験に使える組織がほとんどなかったため、死因の究明には何週間かかかるものとみられる。エアコンがつけっぱなしになっていたため遺体が徐々にミイラ化したものとみられる。エアコンが約1か月前に止まったため、遺体は異臭を放ち始めていた。
 1/4にポープさんの姿を何年も見ないという親戚から警察に連絡があり、警察がポープさん宅でカゴなどで隠された場所に階段を見つけ、2階で遺体を見つけた。ポープさん宅の1階には娘と3歳になる孫娘、住み込みの40代の介護人が住んでいた。家族たちは取材に応じていない。
 ポープさんは生前介護人に、死後また生き返るため埋葬を拒否する旨話していたという。検死官によれば、介護人はいたって普通の女性で、ポープさんへの愛情から彼女の言うとおり死体をそのままにしておいたものとみられる。(SFGate.com)【吉】

1月 10, 2006 at 10:43 午後 今日のトピックス |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2年前に死んだ女性、テレビの前でミイラ化して発見される:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。