« 一つ目の子ネコ、博物館で展示へ | トップページ | 実写版ウォレスとグルミット:巨大ウサギ、畑を荒らす »

2006年4月 8日 (土)

頭頂部を切り取られた頭蓋骨120個入りの袋見つかる

 先週チベット高原の周縁部の谷で、120以上の人間の頭蓋骨が入ったビニール袋が捨てられているのが発見された。頭蓋骨はすべて上半分がなく、ノコギリで切り取られたものとみられる。
 中国の捜査官はこれらを悪趣味な工芸品の残骸だと考えている。これらの頭蓋骨はチベットとの国境付近で見つかっているが、チベットの一部の仏教では人間の頭蓋骨でつくった皿が儀式につかわれている。近年のチベットへの旅行者の増加は同時に仏教上の工芸品の需要の増加につながっている。ラサの市場では頭蓋骨の皿の模造品が400〜600円で売られているが、本物の頭蓋骨の皿は何万円もするという。
 しかしいまだ残されている謎は、この頭蓋骨はどこからきたものか、頭蓋骨の主は自然死したものか殺されたものかということだ。(BBC NEWS)【吉】

4月 8, 2006 at 01:39 午後 今日のガイコツ |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/9486697

この記事へのトラックバック一覧です: 頭頂部を切り取られた頭蓋骨120個入りの袋見つかる: