« 誕生パーティの後置き忘れられた子供 −両親は翌日まで気づかず | トップページ | パイロット、死亡直前に不時着、同乗者を助ける »

2006年6月 7日 (水)

ライオンに向かっていった男性、信仰の甲斐なく死亡

 ウクライナのキエフ動物園でライオンの棲む囲いに入り込んだ男性がライオンに殺された。警察のヴォロジーミル・ポリシュチュク広報官によれば、この男性(45)は6月4日4匹のライオンが棲む囲いにロープを使って降りたところを襲われた。
 TV局NTNが目撃者にインタビューしたところによると、男性は目撃者たちに、神はライオンが彼を傷つけることを許したもうはずがないと語ったという。
 同園の職員は「彼は『神がいらっしゃるならば私を守ってくださるはずだ』と叫んでロープを使って降り、靴を脱いでライオンに近づいていきました。」と語る。ポリシュチュク氏によれば彼が攻撃的な態度をみせたところライオンが喉に噛みついた。男性はその場で死亡したという。(NBC 4 )
 神は人を守ってくださるかもしれないが、ライオンにエサも与えてくださるのでな。【吉】

6月 7, 2006 at 11:53 午後 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/10436177

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンに向かっていった男性、信仰の甲斐なく死亡: