« 緑に光るニワトリ開発される | トップページ | 背中にちんこのタトゥーを入れられた若者、彫師を訴える »

2007年1月22日 (月)

患者が手術機器を修理

 ボスニアのKasindolの病院に腎臓結石の手術を受けにやってきたSlobodan Mocevicさん(56)は、医師から機器の故障のため手術は延期だと告げられた。しかしMocevicさんは医師から問題の衝撃波結石破砕機を借りると、分解して7時間かけて修理してしまった。彼は「大変な激痛でこれ以上待てなかったんだよ。」と語っている。(Ananova)【吉】

1月 22, 2007 at 11:37 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/13622725

この記事へのトラックバック一覧です: 患者が手術機器を修理:

» 機器の故障のため手術は延期だと告げられた患者が手術機器を修理 トラックバック 雑が喰おう
患者が手術機器を修理より医師から機器の故障のため手術は延期だと告げられた。しかしMocevicさんは医師から問題の衝撃波結石破砕機を借りると、分解して7時間かけて修理してしまった。彼は「大変な激痛でこれ以...... 続きを読む

受信: 2007/01/23 16:26:45

» http://tamezo.blog85.fc2.com/blog-entry-651.html トラックバック uso×cha ウソッチャ
ボスニアのKasindolの病院に腎臓結石の手術を受けにやってきたSlobodan Mocevicさん(56)は、医師から機器の故障のため手術は延期だと告げられた。 しかしMocevicさんは医師から問題の衝撃波結石破砕機を借りると、分解し... 続きを読む

受信: 2007/01/24 21:28:31