« 「ちんこ蹴って」魔出没 | トップページ | 腎臓争奪バラエティ番組、6/1放映なるか »

2007年5月30日 (水)

チェコの幼児虐待事件、13歳の姉が実は34歳の女性と判明し事態は複雑怪奇に

 (5/14)ある母親の幼児虐待がチェコ全土をショックにおとしいれた。
 聴覚障害のあるOndra君(8)は階段の下の窓のないスペースに裸で、手足を縛られた状態で押し込まれ、満足に水や食事も与えられず、自分の吐いたものを喰わされていたのだ。主に虐待をしていたのは母親のKlara Mauerova。しかし他の家族やおばもOndra君への虐待を黙認していたものとみられている。
 隣人により発見されたOndra君は脱水症状を示しショック状態であったため病院に急送、同居していた10歳の兄と対人恐怖症の13歳の養子の姉Annaは児童養護施設に保護された。母親のKlara Mauerovaは逮捕され、Ondra君への虐待がどれほど続いていたのか、虐待に加わったのは家族の誰かについて調査が行われている。Ondra君の保護と母親の逮捕で事態は一応の決着をみたかに思えた。

 (5/17)しかしここで事態は複雑になる。事件について多くを知るはずのAnnnaが2日後の深夜施設を脱出したのだ。全国規模で少女の捜索が行われたが、発見される事はなかった。
 調査が進むにつれ事態はおかしな方向に展開した。Annaについて警察は捜査を進めていたが、彼女の出自についても、どこから養子縁組されたのかについても一切記録がなく、Annaという少女は「存在しない」という結論に至らざるを得なかった。

 (5/23)そして驚くべき事実が明らかになった。
 Klara Mauerovaの説明によればAnnaはヤク中の両親に捨てられた少女ということだったが、Klaraの姉KaterinaによってAnna Mauerovaという13歳の少女は存在せず、彼女は実は以前Klaraと一緒に働いていたBarbora Skrlovaという名の34歳の女性であることがわかったのだ。

 なぜKlaraは34歳の女性を名前と年齢を偽って養子縁組したのか。またAnna自身も手にいつもおもちゃを持って、少女を自ら演じていたのは何故か。これらの謎はこの記事を書いている現在まだ解けていない。(Radio Prague)【吉】

<関連画像>
虐待を受けたOndra君
逮捕される母親のKlara
Klaraと「13歳の少女Anna」
34歳のBarbora Skrlova(1)
34歳のBarbora Skrlova(2)

<続報>
「(続報)13歳の少女を装っていた34歳の女性、デンマークで発見」
「13歳の少女を装っていた33歳の女性、今度はノルウェーで13歳の少年として発見される」

5月 30, 2007 at 12:24 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/15250976

この記事へのトラックバック一覧です: チェコの幼児虐待事件、13歳の姉が実は34歳の女性と判明し事態は複雑怪奇に:

» 「お願いします、俺のちんこ蹴って!」カナダ、オンタリオ州に変態出没 他 トラックバック 神楽書堂‐ニュースログ‐
「お願いします、俺のちんこ蹴って!」カナダ、オンタリオ州に変態出没 【詳細記事】 「親父が何と言おうと髪は切らない!」父親と口論の末、飛び降り自殺した少年 【詳細記事】 小包から不審な音、爆弾処理班が出動し“バ... 続きを読む

受信: 2007/05/30 19:39:57