« 「ちんこ蹴って」魔捕まる | トップページ | セルビアの農夫たち、牛を売ってチンコ増大手術を »

2007年6月 2日 (土)

トイレの吸引具が背中に刺さり重傷

 トイレの吸引具を風呂の栓がわりに使っていたドイツの男性が石鹸で滑り、吸引具が体に刺さるという事故があった。
 ディーター・バイエルさん(79)は退職後妻のフリーダさん(68)とスイスに移住、ある日風呂の栓が見つからなかったためトイレの吸引具を栓がわりにした。石鹸を使おうと彼が立ち上がったところ足を滑らせ吸引具に倒れかかり、木製の柄が背中に突き刺さってしまった。妻のフリーダさんはディーターさんの叫び声を聞きつけバスルームにかけつけたが吸引具を背中から抜くことができず救急車を呼んだ。
 救急隊によれば、「おびただしい流血で、傷も深く、死に直面していました。」という。ディーターさんは8時間に及ぶ手術を受け、少なくとも2週間の入院が必要だという。 (Ananova)【吉】

6月 2, 2007 at 05:35 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/15289661

この記事へのトラックバック一覧です: トイレの吸引具が背中に刺さり重傷:

» 息子と一緒に「つば吐きコンテスト」に参加していた男性、勢いあまって2階バルコニーから転落し危篤状態 他 トラックバック 神楽書堂‐ニュースログ‐
息子と一緒に「つば吐きコンテスト」に参加していた男性、勢いあまって2階バルコニーから転落し危篤状態 【詳細記事】 牧師が綴りを間違え結婚不成立に 【詳細記事】 トイレの吸引具が背中に刺さった男性、重傷 【詳細... 続きを読む

受信: 2007/06/02 18:12:09