« 患者の頭蓋がいたんでしまい、プラスチックで蓋を | トップページ | 読者諸氏へ »

2007年9月 3日 (月)

テキサス州で巨大クモの巣見つかる(動画あり)

 テキサス州タワコニ湖州立公園で全長180mにわたるクモの巣が見つかった。このクモの巣はある利用客にとっては大きな呼び物となっているが、別の利用客はそばに寄り付こうともしないという。
 同公園の管理者、ドナ・ガーデさんはいう。「はじめのうちは真っ白で妖精の国のようでした。今ではクモの巣に蚊がびっしり貼りついて少し茶色くなっています。実際にクモの巣にかかった何万もの蚊の羽音が聞こえることもあります。」
 クモの専門家によればこの巣は共同作業を行う社会性クモの巣か、一つの巣から別の巣が次々につくられていった結果だと考えている。「オハイオからカンザス、ブリティッシュコロンビアに至るまであらゆる場所の昆虫学者から問い合わせをうけました。」テキサス公園野生動物局の無脊椎生物学者で、最初にウェブ上に写真を投稿したマイク・クインさんはいう。
 テキサス州林野部の昆虫学者ハーバート・ペースさんは、大型のクモの巣は極めて珍しいという。「聞いた限りでは人生で一度だけのイベントに違いありません。」
 しかしテキサス農工大のジョン・ジャックマン教授は同じような巨大なクモの巣の報告を2、3年に一度は耳にするという。「クモが巨大な巣をつくるということを知らない人が多いようです。」「サンプルを受け取るまではどんなクモの巣かはわかりません。」
 この巣はクモが死ぬ秋頃まで残るという。(CNN.com:動画あり)【吉】

9月 3, 2007 at 12:44 午前 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/16325671

この記事へのトラックバック一覧です: テキサス州で巨大クモの巣見つかる(動画あり):