« 「裁判所の監視カメラに謎の光」の謎が解ける | トップページ | 踊る歯科医、ドリルを患者の口の中へズブリと »

2007年11月 4日 (日)

長さ1.5m、蛇のような髪を持つ女性(画像あり)

 ベトナムはハータイ省バヴィ地区チュア村に住むプン・ティ・マウさんはこの17年間長さ1.5m、重さ5kgの蛇のような形に固まった髪の毛を引きずっている。髪はある部分は細く、ある部分は太く固まり、色はとうもろこしのヒゲのような色をしている(画像:vietbao.vn)。
 1990年の12月のある夜、彼女が眠れずにいると幻覚が襲ってきた。そしてその翌日、彼女がいつもどおりに髪をとかそうとするといつものようにスムーズではなくなっていた。髪をとかそうとするほどそれはもつれ始め、ついには櫛の歯が折れてしまったという。彼女の髪の毛は22cmほどの太さにくっつきあってしまったのだ。
 彼女は祖母のことを思い出していた。彼女の祖母も同じような髪の毛をしていたのだ。祖母はのちに精神異常となり、日中は普通に生活しているが夜になると一晩中歌い踊り、しかも翌朝それを覚えていないという症状に襲われていたのだ。祖母のようになることを恐れたマウさんはある日はさみを持ち出し切ろうとしたところ、その日から数週間彼女は病気で寝込むことになってしまった。
 マウさんは人々が勧めるあらゆるもので髪を洗ってみたが、髪はもとにもどらなかった。髪はますます固くくっついていくばかりだった。 1994年、ハイドン省に彼女の髪をもとどおりにできる予言者がいるという話を聞き、彼女と夫のトラン・ヴァン・ノイさんが予言者を訪ねたが、予言者の「聖なる櫛」も全く効果がなく怒った予言者がはさみで彼女の髪を切ろうとしたところ、またもや彼女は病気になってしまった。以来彼女はこの髪を切るよりはこの髪とともに生きていく決心をしたという。
 彼女の髪は固まるときにパチパチいう音をたてるという。ある時は高く、ある時は低く、彼女の健康状態によってその音も変わるという。今では気にもならないが、最初にこの音が髪の毛がたてているものだということを知ったときは非常に恐ろしかったという。彼女は今でも髪を洗っているが、洗うのに1時間、大きな扇風機をつかってかわかすのに1、2時間かかるという。
 この髪は彼女の日常生活にも支障をきたしているが、また収入の面でも困ったことがあるという。彼女の髪について、霊がついているとか 魔術をかけられているとかいう噂がたち、彼女は今では気にしていないが、家族の営む売店がはやらなくなってしまったという。
 マウさん一家の中でこの髪の毛の硬化に襲われたのはマウさんと祖母だけだ。祖母の髪の毛は親指のような形に小さく固まって、長さも背中の中程までしかなかった。83歳のとき突然髪がすっぽり抜けて彼女は死んでしまったという。(VietNamNet Bridge)【吉】

11月 4, 2007 at 05:22 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/16972162

この記事へのトラックバック一覧です: 長さ1.5m、蛇のような髪を持つ女性(画像あり):