« ドキッ! ジム・スミスだらけのジム・スミス祭り ポロリもあるよ | トップページ | インドの寺院にオウム大集合 »

2008年7月23日 (水)

非常に珍しい2羽が繋がったツバメ見つかる(画像あり)

 大変珍しい、結合したツバメがアーカンソー州で発見された。2体が尻の部分で皮膚、そしておそらく筋肉もつながったこのツバメは、スミソニアン研究所に送られ調査されるという。
 「100万羽に1羽いるかいないかです。おそらくもっと確率は低いでしょう。」とアーカンソー狩猟釣魚委員会(Arkansas Game & Fish Commission)の鳥類学者のカレン・ロウさんは言う。
 この鳥は、巣から落ちているのを同州ホワイト郡の地主が見つけた。正常な兄弟の鳥が親鳥とともに飛び立った時に落ちたものとみられる。最初足が3本しかないと思われたが、詳しい調査で4本目の足は結合部の皮膚の下に埋まっていることがわかった。
 発見した地主は動物保護団体に連絡する前に1日手元に置いており、保護団体の職員が到着した時ツバメは食物を採っていなかったため、7月18日の早朝1羽が死亡、残りの1羽も獣医の手で安楽死させられた。
 ロウさんによれば、結合した鳥は発見される前に死亡することが多いため珍しいという。X線による調査で、2羽とも部位は完全に揃っていることがわかった。黄身が2個入った卵から生まれたものとみられる。
 ツバメの寿命は数年だが、この2羽は分離されたとしても飛ぶのを覚えるのは難しく、そう長くは生きられなかっただろうとロウさんは言う。【吉】(Houston Chronicle)

7月 23, 2008 at 01:04 午前 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/41943987

この記事へのトラックバック一覧です: 非常に珍しい2羽が繋がったツバメ見つかる(画像あり):

» [ネット][生物]非常に珍しい2羽が繋がったツバメ見つかる トラックバック 何やってんですかこるものさん。〜動乱編〜
大変珍しい、結合したツバメがアーカンソー州で発見された。2体が尻の部分で皮膚、そしておそらく筋肉もつながったこのツバメは、スミソニアン研究所に送られ調査されるという。 この鳥は、巣から落ちているのを同州ホワイト郡の地主が見つけた。正常な兄弟の鳥が親鳥とと... 続きを読む

受信: 2008/07/28 6:26:51