« 24本指の男児生まれる | トップページ | 牛の尿ドリンクまもなく発売 »

2009年2月11日 (水)

4人が死亡し少年呪術医の診療所閉鎖へ

 インドネシア東ジャワ州の警察は2月10日、4人の患者が死亡したとして、治癒能力を持つというふれこみの9歳の少年が運営する診療所を閉鎖した。
 2月9日、ムハマド・ポナリというこの少年の家に集まった何千人もの患者のうち2名が死亡した。先週も群衆が殺到する中2名が死亡している。この少年は地元ジョンバン県では「少年呪術医」と呼ばれている。
 「患者が多すぎ、何時間も待つ状態でした。犠牲者の多くは呼吸困難で亡くなっています。」と警察官のムハマド・インドラさんは言う。インドラさんによれば、ポナリ君は先月雷にうたれた後治癒力がある石を見つけたとされ、地元で大きな話題になった。以来様々な病気をもった何千人もの人々が毎日少年の家を訪れている。
 ポナリ君は石を浸けた水を患者に飲ませ治療をしていたという。治った患者がいたかどうかは明らかになっていない。(News24)
 少年関係ないじゃん。肝心なのは石じゃん。【吉】

2月 11, 2009 at 12:16 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/44021869

この記事へのトラックバック一覧です: 4人が死亡し少年呪術医の診療所閉鎖へ: