« 「電話中の落書きには意味がある」英国研究者が発表 | トップページ | 賛否両論 ロシアでネコへのタトゥーが流行 »

2009年3月 1日 (日)

モンティ・パイソンの映画30年ぶりに上映禁止解ける

 モンティ・パイソンの「ライフ・オブ・ブライアン」が、ウェールズの街アベリストウィスで今月30年ぶりに公開可能となった。
 「ライフ・オブ・ブライアン」はキリストの隣のうまやで生まれ、救世主にしたてあげられたブライアンという男の一生を描いた作品で、ラストシーンで十字架にかけられながら歌う「オールウェイズ・ルック・オン・ザ・ブライト・サイド・オブ・ライフ」はナイキのCMでも有名である。この映画は、アベリストウィスでは1979年の公開直後にキリストを侮辱しているとして、地元の宗教リーダーの委員会で上映禁止と決定されていた。
 偶然にもアベリストウィスの現町長は「ライフ・オブ・ブライアン」でブライアンのガールフレンド、ジュディスを演じたスー・ジョンズ・ディヴィスである。「いろんな街で上映禁止になったので、アベリストウィスでどういう理由で禁止になったのかはよく覚えていない」と現町長は語る。3月28日には現存メンバーのテリー・ジョーンズとマイケル・ペイリンを招き、映画についてのセッションが行われる。(UPI.com)【吉】

3月 1, 2009 at 11:09 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/44216407

この記事へのトラックバック一覧です: モンティ・パイソンの映画30年ぶりに上映禁止解ける: