« 最悪の連続殺人犯は幻だった | トップページ | スコットランドの古城の窓から覗く幽霊 »

2009年3月29日 (日)

友人を殺し息子の目の前で料理して食った女

 ロシアのイルクーツクで、友人をおので殺し、自分の息子の目の前で調理し食べていた女が逮捕された。
 自供によれば、オレーシャ・モストフシコワ(27)は友人のタチアナ・ロマンチュク(32)さんと酒盛り中言い合いになった。モストフシコワは「私はおのを持ち出して彼女の頭を何度か殴りました」と静かに語ったという。「彼女の両耳をそぎ、片目をえぐりだし、片手と片腕を切り落としました。そしてオーブンで料理しました。」
 現場でそれを目撃していたもう一人の友人は、ロマンチュクさんの肉を食べるよう強要されたという。オレーシャの7歳の息子は一部始終を目撃しており、現在ケアが行われている。ロマンチュクさんの両足は近所のゴミ箱の中で見つかっている。(The Sun:犯人の画像あり).

3月 29, 2009 at 12:23 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/44496107

この記事へのトラックバック一覧です: 友人を殺し息子の目の前で料理して食った女: