« 息子の初体験に好きな売春婦を選ばせたら…婦人警官だった! | トップページ | 金を貸したのにセックスを拒否され警察に訴え出る »

2009年5月18日 (月)

1,800m落下して助かった男

 英国スタフォードシャー州タムワース在住のジェームズ・ブールさん(31)は、ロシア国内でのスカイダイビングの撮影の最中パラシュートが開かず、6,000フィート(約1,800m)の高さから雪山の上に落下した。しかし彼は無事でギブスをつけて母国へ帰ることができた。1児の父である彼は、自分を「世界一幸運な男」と言っている。
 事故はTVのドキュメンタリー番組で、ブールさんが別のスカイダイバーが山腹へ降りるシーンを撮影中に起きた。彼は別のスタッフからの合図でパラシュートを開くことになっていたが、行き違いから地上まで残り2、3秒のところまでパラシュートを開くひもを引かなかった。着地はまるで「スピードをだしたトラックにはねられたよう」だったという。
 ブールさんは背骨と肋骨を骨折し、歯を何本か折り、肺に打撲を負っただけで済んだ。「あまりの痛みに叫び声をあげ、血を吐いたよ。」「体内も損傷していて、死ぬんだと思ったよ。」と彼は語った。
 ブールさんは機械技師で、パラシュート歴は12年、スカイダイビングは2,000回以上の経験がある。地域カメラマンとしてBBCの番組などで活躍もしている。(Telegraph)【吉】

5月 18, 2009 at 11:15 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/45057992

この記事へのトラックバック一覧です: 1,800m落下して助かった男: