« コロンビアで双頭の牛 | トップページ | 精力剤入りのアイスクリーム「セックス・ピストル」新発売 »

2009年8月 1日 (土)

飼い犬、9年振りに2,000km離れた場所で見つかる

 オーストラリアで行方不明になっていた犬が無事飼い主の元に戻った。9年ぶりに。
 このテリアの雑種犬「マフィ」はメルボルンの庭園でのら犬として暮らしているところを王立動物虐待防止協会に保護され、飼い主の元に向かっている。
 飼い主のナタリー・ランパードさんがマフィを最後に見たのは9年前、発見場所から約2,000km離れたブリスベーンの家の裏庭から出て行く姿だった。マフィを見つけることをあきらめていた彼女は、どうやってマフィがメルボルンまでたどり着いたのか分からずにいる。「謎です。虐待防止協会から特徴を聞いたとき、すぐマフィだとわかりました。」「9年後のまったくの突然の出来事でした。マフィはもういなくなってしまったと思っていましたから。」
 マフィは段ボールのゴミの上で寝ているところを保護された。もともとマフィはブリスベーンの保護施設からランパードさんが貰い受けてきた。現在ノミのアレルギーの症状がひどく、治療を受けているが、来週には快復し自宅に贈られる予定だ。(The Sun)【吉】

8月 1, 2009 at 11:17 午後 今日の犬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/45805862

この記事へのトラックバック一覧です: 飼い犬、9年振りに2,000km離れた場所で見つかる: