« 縮尺1/35,200 世界最小の動く鉄道模型(画像あり) | トップページ | 世界中の人の夢に現れるまゆの太い男の謎 »

2009年10月26日 (月)

ラトビアに26日落下した燃えさかる隕石の動画

 ラトビアに26日落下した隕石と見られる物体が、落下後に燃えさかる様子をビデオが捉えた。
 エストニアとの国境近くの町、マズサラツの農場わきに落下したこの「隕石」は直径15m、深さ5mのクレーターをつくった。この動画は地元民が撮影したもの。軍の化学部隊が現場に急行し、放射能レベルを測定した。
 消防署の広報官、Inga Vetereさんによれば現場は警察によって立入禁止にされ、物体の分析を行うラトビア大学の地質学者の到着を待っている状態だと言う。ラトビア環境地質気象センターの研究員Uldis Nulleさんは、現場に到着した時クレーターから煙がたっていたという。「第一印象では、これは隕石でしょう。」「実際の隕石のクレーターと比較すれば、すべての証拠がそれを物語っています。」 彼によればクレーターの縁はすこし盛り上がり、底部に暗い灰色の痕跡があり、これは両方とも隕石の衝突の特徴だという。
 国外の研究者によればこれほど大きな隕石が落下するのは普通ではないことだという。2007年にはペルーのチチカカで隕石によって直径12m、深さ4.5mのクレーターがつくられている。 (The Sun:動画はこちら)【吉】

10月 26, 2009 at 11:32 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/46593132

この記事へのトラックバック一覧です: ラトビアに26日落下した燃えさかる隕石の動画: