« 8階から落ちた清掃人、地面ギリギリで命綱で助かる(動画あり) | トップページ | 英国紳士は日本のバラエティ番組がお好き!? »

2009年11月23日 (月)

朝刊を取りに出た老人、600km離れた町で見つかる

 11月18日、オーストラリアの81歳の男性が、朝刊をとりにいったまま行方不明となり、9時間後に約600km離れた地点で保護された。
 エリック・スチュワードさんはニューサウスウェールズ州のヤスからビクトリア州南部のジーロングまで9時間車で迷ったあげく、給油所にいた警察官に道を尋ねた。
 「ご老人が私のところにきて、道に迷ったというんだ。私に携帯を渡して奥さんに事情を話してくれといったよ。」とビクトリア署のクレイトン・スミス巡査は語った。
 その日のうちにスチュワードさんは自宅に戻ったが、曲がり角を間違えそのまま進んでしまったと説明した。「ちょっとドライブしようと道に出ただけなんだ。のどかなドライブをね。」と彼は語った。スチュワードさんはカーナビを一度盗まれて以来取り付けるのをやめていたという。 (Metro)【吉】

11月 23, 2009 at 05:56 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/46839166

この記事へのトラックバック一覧です: 朝刊を取りに出た老人、600km離れた町で見つかる: