« 初夜に発覚! 妻は精液アレルギーだった | トップページ | セックス後、妻が記憶喪失に! »

2009年11月 8日 (日)

ロンドンの構内放送で流れた行為中の男女の声は偽物か本物か

 11月2日の夜、ラッシュに湧くロンドン東部のウエストハム駅で、列車の遅延の放送をしようとしたところ、スピーカーから性交渉中の男女の声が駅中に鳴り響いた。
 「乗客の皆さんがお聞きになった音声は、駅の中の音声ではありません。放送設備への妨害だと考えています。」とロンドン交通局の広報官は答えている。「確かに我々の職員の声ではありません。」広報官によれば駅の放送設備は無線であり、何者かが同じ波長で問題の音声を流したものとみている。問題の音声に気づいてすぐ職員がスピーカーの電源を切ったという。
 しかし乗客は違った解釈をしている。「あれは間違いなくあの時あの場で男女が行っていた声です。」 ローラ・オコナーさんはロンドン・イブニング・スタンダード紙に語った。「男性は大きく声をあげ、女性は満足した声を上げていました。運転士もあの声を聞いていたに違いありません。いつもより長くドアが開いていましたし。」 (Telegraph)【吉】

11月 8, 2009 at 05:12 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/46708391

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンの構内放送で流れた行為中の男女の声は偽物か本物か: