« 遺品とともにおばあさんの脳が届く | トップページ | ローティーンの少女2人が銀行強盗 »

2010年1月10日 (日)

検死解剖中に遺体が目を覚ます

 インドのジャイプール東部で、昨年の12月25日、マナス・デオさん(44)は車にひき逃げされ、医師はデオさんの脈が停止しているのを確認し死亡証明書を書いた。しかしデオさんの検死解剖が始まったその時、デオさんが目を覚ましたという。デオさんは今回復に向かっているという。(Metro)【吉】

1月 10, 2010 at 02:45 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/47252537

この記事へのトラックバック一覧です: 検死解剖中に遺体が目を覚ます:

» 検死解剖中に トラックバック キング堂 ブログ支店
検死解剖中に遺体が目を覚ます なんというリアル「第四解剖室」! 「回復に向かっている」ということですが、ぜひお話を聞きたいものです。 続きを読む

受信: 2010/01/12 22:11:28

» 検死解剖中に遺体が目を覚ます!? トラックバック スティーヴン・キング研究序説 ココログ分室
「キング堂ブログ支店」で紹介されていた記事ですが、スティーヴン・キングのファン的 続きを読む

受信: 2010/01/16 14:03:11