« 犬が生首をくわえて帰る | トップページ | 歯を磨きながら自転車に乗っていた少年、歯ブラシが喉に刺さる(画像) »

2010年2月21日 (日)

世界で最もマイナーな言語は使用人口2人(2010年2月現在)

 世界の使用人口が少ない言葉について"World around us"で触れられていたので紹介。サーミ語危うし。 (World around us)【吉】

サーミ語のテル方言(使用人口2人)
 この2人が亡くなればこの言語は消滅する。ちなみにこの2人らしい。ロシアのコラ半島北東部で話される言葉。

カヤルディルド語(使用人口10人)
 オーストラリアのベンティンク島で話される言葉。こちらはそのうちの2人。

サーミ語のウーメ方言(使用人口推定10人)
 スウェーデンのウーメ川沿いで用いられている。正確な使用人口は把握されていないとのこと。

サーミ語のピーテ方言(使用人口推定20人)
 スウェーデンとノルウェーで用いられる。サーミ語には文字がないらしい。

ヴォティック語(使用人口20人)
 ロシアの北西イングリア地域にすむ「ヴォテ」と呼ばれる人々が使う言語。

2月 21, 2010 at 01:36 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/47621078

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で最もマイナーな言語は使用人口2人(2010年2月現在):