« コンビニで全裸になった女 | トップページ | クリスマスプレゼントの幼児用おもちゃが卑猥な単語を? »

2011年1月 2日 (日)

元日に1,000羽以上の鳥が大量死

 アーカンソー州で1月1日、1,000羽以上のクロウタドリが謎の死を遂げた。野生生物担当の同州職員が現在死亡の原因を突き止めようとしている。アーカンソー狩猟釣魚委員会によれば、クロウタドリの死亡の報告をうけたのは同日夜11:30頃。2kmの範囲にわたって死体が地上に落下しており、一帯を調査した限りではその範囲より外では死体は見つからなかった。
 委員会の鳥類学者カレン・ロウさんは、死体には外傷がみられ、鳥の一団が落雷が雹に撃たれた可能性があると推測している。また同委員会は大晦日の花火を打ち上げるなどのお祭り騒ぎに驚いた鳥が巣を飛び出し、ストレスから死亡した可能性もあるとしている。同団体の職員ロビー・キングさんは65羽ほどの死体を集め、家畜家禽委員会の研究所やウィスコンシンにある国立野生動物保健センターの研究所に調査のために送ろうとしている。ロウさんによれば、これまで世界中で同様の出来事が何回か起きているが、原因について結論が出ておらず、毒殺された可能性もあるとしている。
 同所の職員は正月の夜地上に落ちたクロウタドリは1,000羽以上と目算している。ほとんどの鳥は死んでいたが、職員がかけつけた時には生きていた個体もあった。連絡をうけ現地に到達したキングさんは何百ものクロウタドリを見た。「到着して間もない頃にはまだ空から落ちてくる鳥がいました。」と彼は語った。(Telegraph)
※すみませんblackbirdを何も調べずに「カラス」と訳していましたが、別の鳥でした。この鳥です。【吉】

1月 2, 2011 at 10:31 午後 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/50474267

この記事へのトラックバック一覧です: 元日に1,000羽以上の鳥が大量死: