« 性欲旺盛な妻からの保護を求め警察にかけこんだ男 | トップページ | 刃渡り20cmの刃物が頬にズブリと(X線写真の画像あり) »

2011年1月29日 (土)

聖書にかみついた甥の飼い犬を木から吊るし火をつけて殺した女

 サウスカロライナ州の女性が、聖書に噛み付いた甥の犬を「悪魔の犬」だとして殺した。
 ミリアム・フォーラー・スミス(65)が警察に語ったところによると、甥が飼っているピットブルの「ダイヤモンド」が彼女の聖書にかみついたため、彼女はこの犬の首を吊った上で火をつけたという。ミリアムはダイヤモンドは「悪魔の犬」であり、近所の子供を傷つけるため殺すように神から命じられたとしている。
 スミスは逮捕され、スパータンバーグ郡刑務所に拘置中。動物虐待の判決を受ければ180日から最高5年の懲役となる。
 警察当局によればスミスはダイヤモンドの首に延長コードを巻いて木から吊るし、体に火をつけた。飼い主のアンディ・フォーラーさんは1月9日に家を空け、15日に戻ったところ犬はいなくなっていた。アンディさんがスミスを問いつめたところ、犬を殺したことを認めた。
 警察はダイヤモンドの死骸を干し草の山の下で発見した。オレンジ色のコードの一部はまだ首に巻かれたままだった。あたりには石油の匂いが残っていたという。
 スパータンバーグ郡の環境担当部局長、ジェイム・ネルソンさんによれば、スミスの精神状態により刑が変わる可能性があるとしている。彼はスミスが虐殺を平然と語る様子にショックを受けたという。「彼女はなすべきことをした、というような態度でした。」と語った。(NYDailyNews
スミスのマグショットあり)
【吉】

1月 29, 2011 at 08:55 午後 今日の犬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/50720362

この記事へのトラックバック一覧です: 聖書にかみついた甥の飼い犬を木から吊るし火をつけて殺した女: