« 車椅子をキャタピラー式に改造したら戦車の免許が必要に | トップページ | キッチンで見知らぬ女性が瞑想中 »

2011年1月16日 (日)

凍った標識の支柱を舐めた小学生、舌がはりつく

 1月11日、オクラホマ州の8歳の少年が、凍った金属の柱に舌が凍りついてしまい救急車を呼ぶという事件があった。
 救急隊が現場に到着すると、少年はウッドウォード・ミドルスクールの外にある、「止まれ」の標識の前でつま先立ちになり、支柱に凍りついた舌をはがそうとしているところだった。救急隊が舌の周りに暖かい湯を注ぎ少年を救い出した。兄弟からやってみろといわれたという。(Metro)
 1983年の映画「クリスマス・ストーリー」に同じようなシーンがあり、3年前にもインディアナ州でこのシーンをまねた少年が同じ目にあっている。少年をそそのかした兄弟も、去年の暮れにこの映画をみたのでしょう。【吉】

<関連記事>
映画の1シーンを真似た小学生、凍った旗竿に舌がはりつく

1月 16, 2011 at 12:14 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/50597099

この記事へのトラックバック一覧です: 凍った標識の支柱を舐めた小学生、舌がはりつく: