« 2010年末〜2011年始、生物大量死まとめ | トップページ | 世界最高齢? 39歳の猫(画像) »

2011年1月10日 (月)

救急車でスーパーにのりつけ買い物し、駐車場の植木を盗んだ救急隊員

 英国のカーマーゼンシャー郡ラネリーで、約2年前救急隊員が救急車で出動中にショッピングに寄った件で、懲戒委員会が開催された。
 同委員会によれば、エスター・トーマス(37)は出動中、別の緊急連絡に対応できる状態であることを連絡せずに、救急車でスーパーにのりつけた。トーマスはもう一人の救急隊員を車内に待たせ、個人的な買い物をしていた。また救急隊員の制服のまま買い物をしていた彼女は、店の駐車場の植え込みから植木を一本抜いて持ち去ったところを目撃されている。調査が開始されるとともに彼女は停職となったが、停職になってからの2年間、給料は払い続けられていたという。
 この件を担当しているローラ・ライアン氏によれば、トーマスともう一人の救急隊員は連絡をうけ緊急出動したが、患者から医院への搬送を断られたため書類を記入した後、トーマスはスーパーに向かうよう言ったという。「彼女は管理担当者にそれ以後の業務を行う必要がなくなったことを報告しませんでした。」「トーマスはスーパーにいき、植木と植木鉢、鎮痛剤、お菓子を買い、救急車に積み込みました。」「その後彼女は駐車場の植え込みに向かい、地面から小さな植木を引き抜きました。」「店の責任者が彼女に植木を返すように連絡しました。責任者はもしその時植木を返してもらえればそれ以上の要求はするつもりはなかったとしています。」店側はこの件を警察には連絡しなかったが、店側の本部がウェールズ救急サービスの責任者に報告をした。トーマスは2009年4月のこの事件以来、停職となっている(Telegraph:トーマスの画像あり)【吉】

1月 10, 2011 at 12:32 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/50540826

この記事へのトラックバック一覧です: 救急車でスーパーにのりつけ買い物し、駐車場の植木を盗んだ救急隊員: