« ヒトラー似の家に続きヒトラー似の猫 | トップページ | 体の43箇所を使って書道をする男 »

2011年4月 2日 (土)

突然めんどりがおんどりに性転換

 英国ケンブリッジシャー州ニーディングワースのめんどりがある日おんどりに性転換した。
 飼い主のジャネット・ハワードさん(79)は1歳の雌鶏ガーティにとさかが生え、夜明けに時を告げるのを見て驚いた。ハワードさんが最初に異常に気づいたのは、他の2羽のめんどりと違う歩き方を始めたときだった。ハワードさんは獣医に相談したところ、卵巣にダメージがあり、おんどりの特徴が現れてきていることがわかった。
 「1年前に3羽の鶏を買って、皆去年の末までは卵を産んでいました。」「冬の間に羽が生え変わり、あまり気にかけていませんでしたが、ある日おんどりの鳴き声が聞こえてきて、どこから聞こえてくるのかしらと重いました。」「庭を覗いて、ガーティが鳴いているのだとわかりました。」とハワードさんは語った。ガーティには頭とあごにとさかや長い尾羽が生えてきたという。
 ハンティンドンにあるクロムウェル動物病院のデリア・リヒター氏は、めんどりの卵巣にダメージや腫瘍があると、おんどりの特徴が現れるという。「めんどりであることに変わりはありませんが、左側の卵巣が退化し右側の卵巣がテストステロンを分泌しはじめています。今回のようなことが起きる可能性はあります。」とリヒター氏は語った。
 ハワードさんは、卵を産まなくなったガーティの名前を男性名のバーティに変え、今後も飼い続けるという。(The Sun)【吉】

4月 2, 2011 at 11:55 午後 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/51284571

この記事へのトラックバック一覧です: 突然めんどりがおんどりに性転換: