« アリゾナ州で巨大砂嵐発生(動画) | トップページ | 61歳日系女性(?)空港で女性職員のおっぱいを揉みしだく »

2011年7月 9日 (土)

海王星、1846年の発見以来ようやく太陽の周りを1周

 2011年7月12日22時27分(世界時)、海王星が発見されてから「1周年」を迎える。
 海王星は1846年9月23日、ヨハン・ゴットフリート・ガレに発見されたが、以来公転周期である164年をかけてようやく太陽の周りを一周したことになる。記念すべきこの日に、海王星は大体23時以降から夜明けにかけての南の低い空に、みなみのうお座の1等星「フォマルハウト」の上方、水瓶座のデルタ星「スカト」のそばに見える。肉眼では観測できず、大きめの双眼鏡が必要とのこと(つるちゃんのプラネタリウム)。
 なお2006年に準惑星となった冥王星は1930年に発見、公転周期は247年なので、発見後「1周年」は2177年に迎えることになる。(EarthSky:海王星の位置の図示あり)【吉】

7月 9, 2011 at 04:16 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/52160675

この記事へのトラックバック一覧です: 海王星、1846年の発見以来ようやく太陽の周りを1周: