« パンの袋から生きたネズミがこんにちは | トップページ | 眼福! 仕事中外を見たら向かいのアパートでポルノ撮影中(画像あり) »

2011年8月14日 (日)

韓国語の発音のために舌を手術したイギリスの女子大生

 韓国文化に熱中しているイギリスの大学生が、韓国語上達のために手術で舌を長くした。
 ノッティンガムのビーストン在住のリアノン・ブルックスバンク–ジョーンズさん(19)は、韓国を一度も訪れたことはないが、大学で韓国について学び、いずれは韓国に住みたいと思っていた。しかし語学の勉強をするうち、韓国語のいくつかの発音に苦心した。リアノンさんは舌小帯(舌の下側と下顎をつなぐ帯)が厚く舌が平均より若干短いためだった。
 彼女の両親は舌小帯切除に同意し、局所麻酔をし15分間の手術が行われた。彼女は「初めて経験する苦痛」だったと語ったが、手術後は舌が1cm長くなり、以前は発音できなかった単語が発音できるようになった。
 「2年間韓国語を学んで会話のレベルも高かったんですが、特定の音に苦労していました。」「しばらくすると韓国語の"L"の音に問題があることがわかったんです。この音は頻繁に使われる音で、英語の"L"より高い位置に舌を当てるんですが、私の舌は少し短かったんです。」と彼女は語った。(Telegraph:リアノンさんの画像あり)
 韓国にも舌が短い人がいて韓国語話しているのだから、ちょっとそれは違うんじゃないか。【吉】

8月 14, 2011 at 10:59 午前 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/52470751

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国語の発音のために舌を手術したイギリスの女子大生: