« カナダの科学者、異常に大きな頭をもつ「スーパー兵隊アリ」をつくり出す | トップページ | サウジの男性、フェイスブックで息子を売りに出す »

2012年1月 9日 (月)

海の中で救われた犬の謎、悲劇的な原因が判明(動画)


 ある男性がフロリダ州のシエスタキー沖でカヤックに乗り釣りをしていたところ、首輪のついた犬が泳いでいるところを救った。犬は疲れ果て傷つき血を流していた。
 海の中飼い主を捜そうとしたが見つからず、男性は一度岸へ戻った。獣医のところへ連れていき、うめこまれていたチップから犬の名はバーニーであること、そして飼い主が分かった。犬がなぜ海を泳いでいたかはわからず、男性はその原因を探るべく犬を救ったとき撮影していた動画をYouTubeに投稿した。
 翌日、この出来事の悲劇的な原因が判明した。飼い主のドナ・チェンさん(53)は土曜の午後バーニーを連れ散歩していたところを、飲酒運転をしていたドライバーにはねられていたのだ。
 地元警察によると、バーニーが救助された場所から1マイルほど離れた場所を、バーニーを連れ散歩していたチェンさんさんは、別の場所で交通事故を起こし逃亡していたブレーク・タルマン(22)が運転する車にはねられたのだ。
YouTubeへの投稿し解こうとしていた謎は、「非常に悲しい不運な」形で解決した、とバーニーを救助した男性はコメントしている。「想像するに、バーニーはショックをうけ混乱して、できるだけ現場から離れようとしていたのでしょう。そして陸から海へと逃げ込んだのでしょう。」「私は釣りをしにその場に居合わせてよかったと思っています。バーニーが泳いでいく先には何もありませんでしたから。あの犬があれ以上先へ泳いでいけたかどうかもわかりません。バーニーは傷ついていますが、今は元気です。母親を亡くしたご家族のことが思いやられます。」(Telegraph)【吉】

1月 9, 2012 at 11:02 午後 今日の犬 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/53699518

この記事へのトラックバック一覧です: 海の中で救われた犬の謎、悲劇的な原因が判明(動画):