« キッチンでハト小屋のハトを料理して食った侵入者 | トップページ | ハイスクールを襲った謎の症状の解明にエリン・ブロコビッチ乗り出す »

2012年2月 5日 (日)

州警察の記章の中にブタのイメージが潜んでいた

 バーモント州警察のパトカー用のシールを製造している同州の受刑者が、シールの図案の中にこっそりブタを描き入れ、30台以上のパトカーがこの図案をつけて走行していたことが分かった。
 公式の州警察の記章は牛と常緑樹、雪をかぶった山、正体不明の3匹の生き物が描かれている。バーモント矯正委員会のアンディ・パリト理事によれば、2008年、ノースウェスト州立刑務所に服役していたデザイナーがパソコンに保存されていたファイルを改竄し、牛の模様のひとつをブタの形にしたという。ブタは警察官に対する蔑称。
 同理事によればこのシールは60枚つくられ、新しいパトカーや古いパトカーのドアを交換する際に使われたという。シールを新しくするために780ドルの経費がかかった。州がこの件を知ったのは2月2日。州側はセントオールバンズにある州立刑務所の印刷所の品質管理について非難を表明した。(USA Today:画像あり)【吉】
 「正体不明の3匹の生き物」が気になってしょうがなかったので調べた。元記事の画像を見ると黄色いお地蔵さんのようなものが…。警察署の記章のもととなった州の記章についての説明によれば、これは積み藁らしい。"Coat of arms of Vermont"(Wikipedia)

2月 5, 2012 at 03:12 午後 今日のトピックス |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/53908073

この記事へのトラックバック一覧です: 州警察の記章の中にブタのイメージが潜んでいた: