« 約18kgのネコ死亡 | トップページ | 5階建の建物を覆う巨大ブーゲンビリア(画像) »

2012年5月 9日 (水)

甲羅に印をつけて放したカメ、47年後に父親が見つける

 1965年のある日、13歳の少年ジェフ・コークリー君はペンシルバニア州の自宅の庭でハコガメを見つけた。彼は自分のイニシャルと日付を甲羅に刻みカメを放した。
 そして2012年の5月4日。60歳になったコークリー君のもとに父親のホランドさん(85)から例のカメを見つけたと一本の電話があり、画像が送られてきた。彼は「笑い出し」、「妻に画像を見せた」という。
 ホランドさんが犬を散歩させていたところ犬がカメを見つけ、間違いようのない甲羅の印で例のカメだとわかったという。「カメを拾って思ったよ。『おやまあ、こりゃジェフのカメだ!』」「こいつはここで47年間も生きてたんだね。あの時と変わっていない。背中の印もね。」 ホランドさんはニューヨークに済むジェフさんに連絡した2、3日後にカメを放してやったという。
 マサチューセッツ州魚類・野生動物局によれば、ハコガメの寿命は40年から50年だが、100歳まで生きることもあるという。(HUffington post:動画あり)【吉】

5月 9, 2012 at 12:24 午前 今日の生き物 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2366/54666843

この記事へのトラックバック一覧です: 甲羅に印をつけて放したカメ、47年後に父親が見つける: